タイトル「社員を知る」

子どもが好き!スポーツが好き!チャレンジが好き!!

企画中村

中村画像

たくさんの子どもたちと自分の仕事

スクールには、さまざまな子どもたちが通っています。
その中でひとりひとりを理解しなければいけませんが、人数が多いと、正直目の行き届かない場合が出てくることもあります。

しかしそこを何とか乗り越えようとする意志があれば、より多くの子どもを理解するスキルが身についてきます。

これまでも人前で発言することが苦手な子や、返事すらできない子、指導員をひどく警戒する子、物を大切にしない子…たくさんの子どもたちと関わってきました。

その中でどんなに小さいことでも、子どもたちが自分の意思で改善しようとしている様子を見られた時にはすごく感動し、自分たち大人が人としてのあるべき姿を、何も知らないことだらけの子どもたちに正しいい形で伝えていくことが大切なのだと日々感じます。

自分の企画や指導が少しでも子どもたちに成長のきっかけを与えることができたら、これ以上の達成感はありませんね!

リーダー木下

木下画像

野球教室で、ある生徒とのできごと

野球教室に通っていたある生徒の出来事です。
彼の夢は「お医者さん」でした。

彼は塾がメインで、野球教室には週一回のみの環境でした。運動できるのは週一回ということもあって、楽しそうに野球に取り組んでいました。

やがて中学受験が近付くにつれ、彼は楽しむことよりも不安をかかえる場面が多くなりました。
小学生にとって受験のプレッシャーは相当なものだと思います。

彼は中学受験に合格し、現在は県外の中学校に通い「お医者さん」に向かって頑張っています。

ある日彼は不安とプレッシャーを感じていた時のことを話してくれました。
「大丈夫、大丈夫」「がんばれ」「とにかく目の前にあることに集中して」
当時声をかけてくれた野球教室の仲間や先生の言葉がすごく励みになったと…

仲間を励ますことは日常よくあり小さな出来事なのかもしれません。ですがそのタイミングを逃さず彼の力になることができたことに対する喜びと、仲間みんなへの感謝の気持ちが今でもこみ上げてきます。

合格して県外にいってしまった彼とは現在「仲間&メル友」です。
学校や生活での出来事などを近況報告してきてくれます。

子どもたちの「夢」に携わることができるこの仕事に非常に魅力を感じています。